00,19【一柳南部】

01,19

00,18

00,20
-01,19

住谷県の県庁所在地・一柳市の南部地域。図葉の上端は北緯36度線
なお、図の上端が想像地図の基準線であり、南北座標の値はここより北で正の値(N)、南で負の値(S)をとる。
(地図をクリックすると2倍に拡大します)


【都市】

一柳市(いちやなぎし)

住谷県の県庁所在地。
港町で、南北に長い市街地を持っていることが特徴である。
この図の範囲では南部のみが見えている。

国枝市(くにえだし)

一柳市の南側に接する。
国道1号が通る海沿いの街。

木場川市(こばがわし)

国枝市の西側の丘陵地帯にある。海には面していない。

芦沢市(あしざわし)

芦沢平野の中心となる地域。
あえて言えば日本の姫路市に相当するが、立地は異なり、東海道に相当するルート上にある。


【交通】

【道路】

日方高速道路

図中西側の青色の道路。日本で言えば名神高速に相当する。

国枝新道

図中東側の青色の道路。日本で言えば第二神明道路に相当する。

国道1号

南北方向に走る赤く広い道路。城栄国の首都・南栄都から、生方府生方市まで結んでいる。

【鉄道】

新幹線

南北に走るの紺色の線。
この区間はトンネルが多い(灰色線部分)。

JR中葉本線

南北方向に走る線路。城栄国の首都・南栄都から、生方府生方市まで結んでいる。

中東電鉄本線

住谷区の宮下駅から南側へ路線を延ばす。
「中東」というのは地球上で石油が沢山出る地域のことではなく、城栄国 中葉地方 東海岸のこと。

国生電鉄本線

中東電鉄よりも海側(東側)を南北に走る線路。
樹山区では地下を走っている。


これは架空地図です。実際の土地の地図ではありません。また、日本国内におけるいかなる測量成果も用いていません。


戻る