-02,19【岸俣丘陵】

-01,19

-02,18

-02,20
-03,19

新山県岸俣市・椀臼市・佐多郡佐多村をはじめとする地域。
図葉の上を住谷県と新山県の県境が通る。


【都市】

岸俣市

岸俣丘陵の中心となる地域。
2007年5月1日に岸俣郡岸俣町・深包村・水森町・大沢村・竜川町が合併して誕生した。
名水の地。


【交通】

【鉄道】

中葉新幹線

南栄と生方を結ぶ新幹線。日本で言えば東海道新幹線に相当する新幹線。
この地域は起伏が激しいので、トンネルが非常に多い。

中葉本線

南栄と生方を結ぶJRの在来線。日本で言えば東海道本線に相当する幹線路線。
この付近は急カーブが多いため、数次にわたり線形改良が行われてきた。

中東電鉄本線・新鉄本線

前者は中東電鉄、後者は新山電鉄の路線。
木沢駅で両路線が繋がっており、1本の路線として機能している。
この図葉では完全に1本の線路として描いているが、境目は木沢駅 (図中 S23 E189) である。

【道路】

日方高速道路

図中の青色の道路。熊崎県日下部市と生方府を結ぶ。日本で言えば名神高速に相当する。

国道1号

図中の赤色の道路。やはり日本の国道1号と同じように、首都と第二都市を結んでいる。


これは架空地図です。実際の土地の地図ではありません。また、日本国内におけるいかなる測量成果も用いていません。


戻る