想像地図研究所想像地図研究所 (IML)

このサイトは、架空の土地の地図をメインテーマに扱ったサイトです。

トップ > 地図を見るページ > 分割版地図 > 中葉 東部 > S070,E180【浅茅】

S070,E180【浅茅】

地図をクリックすると2倍に拡大します。
隣接地域の地図はこちら

架空地図(図葉名:浅茅)

地域概説

熊崎県の県庁所在地・日下部市の南側の地域。
図の上端は北緯34度15分。

地形

トンネルも多く、起伏の多い地形である。
高速道路も山中を避けて海沿いへせり出してきているが、それでも起伏を完全に避けることはできず、トンネルがある。

都市

日下部市

城栄国で3番目の都市圏である日下部都市圏の中心的存在。
日本でいえば名古屋市に相当する。当然ながら城栄国六大都市の一つである。
計画都市的性質が強く、全体に道路が広いことが特徴。

崎本市 (さきもとし)

日下部市朝日区の南に位置する。

浅茅市 (あさじし)

海沿いの都市だが、市域は奥深くまで入り込んでいる。
イメージは、静岡県遠州地域に近いかもしれない。

交通

道路
南日高速道路

首都・南栄と日下部市を結ぶ高速道路。
起伏の多い区間のため、カーブとトンネルが連続する。
日本で言えば東名高速に相当する。名付け方法も同じ(東名:京-古屋、南日:栄-下部)である。

日下部第二環状自動車道

図中右上を └状に走る高速道路。通称は「日二環(にちにかん)」。
日本でいえば名古屋第二環状自動車道に相当する。

国道1号

図中右側を南北に走る赤色の道路。やはり日本の国道1号と同じように、首都と第二都市を結んでいる。
高規格で全線立体交差のバイパスがある(後述)。

浅茅新道・能年新道

国道1号のバイパス。自動車専用道路となっている。
浅茅IC以南が能年新道・浅茅IC-崎本山田IC間が浅茅新道。

鉄道
中葉本線

南栄と生方を結ぶJRの在来線。日本で言えば東海道本線に相当する幹線路線。

中葉新幹線

同区間を結ぶ新幹線(図葉の右端付近)。

日鉄日下部本線

日本でいえば名鉄名古屋本線に相当する路線のはずである。

隣接地域を見る

↑北:S060,E180
←西:S070,E170 →東:S070,E190
↓南:S080,E180
ページのトップへ戻る