想像地図研究所想像地図研究所 (IML)

このサイトは、架空の土地の地図をメインテーマに扱ったサイトです。

トップ > 地図を見るページ > 分割版地図 > 係州 西部 > S180,E200【米倉東】

S180,E200【米倉東】

地図をクリックすると2倍に拡大します。
隣接地域の地図はこちら

架空地図(図葉名:米倉東)

地域概説

口広県米倉市西部および水品市東部。図の上端は北緯31度30分。右端は東経135度線。

地形

都市

米倉市 (よねくらし)

口広県の県庁所在地。この図では東部の堀越区・早川区などが見えている。
2007年10月1日、早川市を編入。2008年1月1日、政令市に移行。早川区は旧早川市の領域を踏襲している。

田代市 (たしろし)

米倉市の東側に隣接する。合併によりいびつな形状となっている。
この図で見えているのは主に北西側。

交通

道路
国道4号

図中を東西方向に走る国道。日本の国道4号とは異なり、東西方向の道路である。
首都圏と八州を結ぶ国道で、どちらかと言えば国道2号に似ている。森陽道・森陽本線とほぼ並行する。

森陽自動車道

森陽地方を縦貫する道路で、日本で言うところの山陽道に相当する。
IC等:米倉IC, 喜田PA, 田代IC, 智中滝本SA

鉄道
森陽本線

南栄と八州を結ぶ幹線鉄道であるため、新幹線ができる前は特急の行き交う過密路線であったが、新幹線ができてからは都市圏内輸送が主力である。
駅:東米倉, 智前山本, 早川

森陽新幹線

森陽本線と同区間を結ぶ新幹線。

智葵線

この図の右側を斜めに走る路線。口広県田代市の田代駅と山瀬県笹川市の笹川駅を結ぶ鉄道路線。
口広県東部の旧国名の「智中」(ちっちゅう)・山瀬県の旧国名の「紫葵」(しき)から1文字ずつとって「智葵線(ちきせん)」と呼ばれる。
なお、口広県の旧国名は、米倉市や臼沢市などがある西北部が「智前」、田代市などがある東部が「智中」である。
駅:智中滝本(ちっちゅうたきもと), 米倉空港, 素花(そばな), 西素花, 浅谷, 重森, 智中井沢

米急田代線

口広県の地方私鉄。

航空
米倉空港

やや山間部にある地方空港。「米倉空港」という名前が付いているものの、実際には田代市にある。

隣接地域を見る

↑北:S170,E200
←西:S180,E190 →東:S180,E210
↓南:S190,E200
ページのトップへ戻る