想像地図研究所想像地図研究所 (IML)

このサイトは、架空の土地の地図をメインテーマに扱ったサイトです。

トップ > 地図を見るページ > 分割版地図 > 中葉 東部 > S080,E120【仁科】

S080,E120【仁科】

地図をクリックすると2倍に拡大します。
隣接地域の地図はこちら

架空地図(図葉名:仁科)

地域概説

高見県仁科市付近。図の上端は北緯34度。

地形

仁科市の中心市街地は仁科盆地の中にある。
それ以外は山がちな地形だが、谷沿いには平地があり、市街地が形成されている。

都市

仁科市 (にしなどし)

高見県の県庁所在地。

下吉岡郡 藤真町 (しもよしおかぐん ふじままち)

仁科市のすぐ北側に接する。街道分岐点の町として発展し、現在も鉄道分岐点がある。
「藤真」という名前は高見県の旧国名をとったものである。

漆戸市 (うるしどし)

この図では南西部と、飛地の高科地区が見える。
高科村が「飛び地合併」したため、漆戸市の市域は2つに分かれている。

竹内郡 御子柴町 (たけうちぐん みこしばまち)

仁科市の北側に接する。
市街地は川沿いに広がり、街道も鉄道も川沿いに走る。ただし国道は、藤真町を経由せず松葉トンネルを経由する短絡ルートのバイパスがあり、道路に関してはそちらがメインルートになっている。

為実市 (ためざねし)

御子柴町の西側に接する。この図では東側のみが見えている。

下吉岡郡 亘沢村 (しもよしおかぐん わたりざわむら)
東楜沢郡 瀬野町 (ひがしくるみざわぐん せのまち)

交通

道路
前藤許自動車道

この地域を南北に貫く高速道路。
IC等:仁科JCT, 仁科中央IC, 仁科大木PA, 藤真町IC, 月沢PA

鉄道
藤服本線

南栄都を起点とし、千明県・野波県・高見県・赤松県を経由して芹名県まで至る路線。
性質としては、日本で言えば「高崎線+信越本線」というイメージである。ただし並行する新幹線がないので分断区間はない。
駅:南仁科, 南所, 仁科, 藤真青木, 小平, 秀津, 藤真田尻, 藤真福原, 小原木, 藤真武井, 御子柴, 三好, 為実
※藤真田尻以南は複線。藤真田尻で西へ進行方向を変え、そこからは単線となる。

斐藤線

満島県から高見県へ至るJRの路線。
駅:藤真田尻, 永田, 有坂, , 飯井原, 三沢, 漆戸

リニア計画線

南栄-生方を結ぶリニア(新中葉新幹線)の計画線。大部分がトンネルである。

隣接地域を見る

↑北:S070,E120
←西:S080,E110 →東:S080,E130
↓南:S090,E120
ページのトップへ戻る